2016年!風水で厄除けをしよう

恋愛でも縁談でも、仕事でも交友関係でも、良縁に恵まれるためには悪縁を捨てる必要があります。
それが『厄除け』です。
2016年、良縁が運び込まれるために悪運を縁切りしましょう。

 

全体の厄除け

家庭が健全であることは、誰にとってもエネルギーの元になります。
基盤を築くためには、家庭内に良い気を呼び込み開運し、邪気や悪運は排他しなくてはいけません。

 

飲食店や事業所などで、盛り塩を見かけることがありますね。
あれは厄除けのひとつで縁起担ぎです。
一般家庭であれば玄関が良いでしょう。
玄関の中でも外でも良いので、山型に模った盛り塩でお清めをしてください。
また水晶は全ての方位に対応できるアイテムですので、家全体の厄除けに用いると良いでしょう。
水晶は、不要物を排他して本来の姿・形に戻すパワーがあり、家の四隅に水晶を置くことで家族や家庭の開運と邪気祓いの作用が期待できます。
また、盛り塩や水晶には、チャンスを招き、マイナスエネルギーや妨げとなるものを排他する働きがあります。

 

人の基本は家庭です。
家庭を安定させることを基本に、仕事や交友関係があるということを忘れてはいけません。
「家庭はどうでもいいけど、仕事さえ上手くいけば良い」などという考え方では、本当の意味での良い運は舞い込みません。
良縁を引き寄せ、良い運を手に入れるためには、家庭全体の運を安定させ、悪運を排他する必要があります。
交友関係や仕事、様々な面でどうも上手くいかないという場合、まずは足元の土台となる家庭を安定させましょう。

 

>>好きな人を振り向かせる意外な方法とは?